スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |

Alfred Cortot / Chopin:Etudes


ゴルシルファンの皆様、大変お待たせ致しました・・・多分、誰も待ってへんやろけど。
ゴル復活です・・・復活しようがしまいが、どーでもええことかもしれんが。

----------------

先週訪れた彼の地で、此の地では手に入らないiTMS MUSIC CARDを購入!

早速購入したのがこのアルバム。

どうやらショパンのエチュード集は、以前紹介したポリーニ盤とこのコルトー盤が双璧よう。

いろんな紹介文では、このコルトー盤のほうが音質は悪いが情感
豊か云々のたまわっていたのだが・・・・。

個人的にはポリーニ盤の圧勝ですな。

テンポルパートの使い方がうまい云々ということだが、俺にはどうも
うまいこと動かん指をテンポルパートでごましている、と聴こえる。

特にop25-3なんかは音の粒立ち+トーンコントロールがポリーニの方が
聴いてて気持ちいい。

ただポリーニ盤ではちょっとどぎつく聴こえる「革命」とかは、
コルトー盤のほうがすんなり聴けた。

----------------

最近思うんやけど、特にクラシックなんかは最初に聴いてしまった
ものが基準になってまう。

多分このアルバムも聴く順番が逆やったら、感想もまた変わってたと思う。

まぁこのアルバムはもう少し聴き込んでみることにする。


以上


↓iTMSへレッツゴー!(J☆A☆P☆A☆N)

http://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewAlbum?id=175137129&s=143462
スポンサーサイト
| BLOG TOP |

| BLOG TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。