スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |

四合院

080323.jpg


先週土曜北京出張にかまかけて、こんなとこ泊まってった。380元/泊。
「四合院」という、清朝時代特有の建物をホテルに改造したもの。

ホテル(?)の運転手のにいちゃん曰く、
「うちは開業したばっかやからきれいやし、サービスは最高やで!!」

こいつら、サービスとおせっかいの区別がついとらんかった。聞いたらホテルの人間はみんな山西省出身で、ホテル開業にあわせて山西省から送り込まれてきたらしい。そらサービスとおせっかいの区別つかんわな。

オーナーも山西省の人やといっとったから、多分地元で一儲けした金持ちが不動産投資もかねてホテルにしてんやろ。

部屋のほうは、結構狭苦しかった。ベッドをねじこんで、無理やりシャワーとトイレを付けたんやろな。何か臭い何か臭い思いながら寝とってんけど、朝外出て臭い原因がわかった。窓の外がすぐ公共トイレ。多分近所にはトイレのある家、あんまりないねんやろな。

場所は故宮から歩いて30~40分くらいのとこ。北京の地理はまだよくわからんが、かなりええ場所やと思う。この手のホテルは外人に人気なんやろ。近所に似たようなホテルが2軒ほどあった。

080323-2.jpg


↑これが近所のホテル。ぷらっと入ったとき外人だらけやってんけど、この画像に写ってるやつらは何者やねん?気付かなんだ。こっちはもっと安くて、シャワー付きの部屋やったら280元/泊,シャワー無し(共同シャワー)180元/泊。機会あれば、こっちにも泊まってみたろと考えてる。

080323-1.jpg


↑ホテルの近くにある「白塔寺」。由緒ある寺なんかどうかさっぱりわからんし、入ってみたいとも思わん。昔、嫁さんと杭州の寺に観光で行ったとき、中国人、寺でお参りするときぶっとい線香3本もって深々とお辞儀すんねんけど、注意しとけへんかったら服焼かれそうになんねん。それ以来の寺嫌いです。

「北京のどこが好き?」と聞かれたら、多分上の画像のような四合院と青い空、と答えるな。この近辺は北京の中心やけど、京都みたいに建物の高さ規定があるため、こういった風景が楽しめる。

後、この上記2軒のホテルともぼろのくせに、オリンピックの時期は2000元/泊の設定にしとった。



以上

スポンサーサイト
| BLOG TOP |

2月29日のゴル飯

080229.jpg



1月中旬くらいから、あんまりたいしたもんは作ってなかった。工場は言うこときけへんは、雪積もってめちゃくちゃなるは、ガスは止まるは、であんまり身を入れて料理作れなんだ。しかし、なんでガスのメーターが電池式やねん!?ガス会社まで走って、大家に電話して、管理会社呼びつけた結果、メーターの電池切れやって。

昨日のメニューは、白ご飯・豆腐とわかめの味噌汁・わけのわからん炒め物。↑の画像、相変わらずあんまり旨そうには見えへんねんけど、このわけのわからん炒め物、実はめっちゃ旨いねん。


【わけのわからん炒め物の材料】

黄にら 適当/普通のにら 適当/しいたけ 3枚/木耳 適当/豚肉 100g位/たまご 2個/
はるさめ/塩 適当/ガラスープの素 適当/しょうゆ 適当/クミン 適当


この前スーパーでクミンを見つけてん。クミン、さいこーやね。まさに「魔法の粉」。このおかずがあればご飯3合は食えるな。味はカレーの味の骨格だけの味って感じやな。ウイキョウも一緒に買ってんけど、あれはかなり上級者向けやな。ウイキョウ、「ペルノ」の味やねん。あんな味、よーつかいこなさん。

実は最近「蘭州ラーメン」にこってんねん。街のそこら中にあんねんけど、かなり汚い店が多いんで、嫁さんもおったときは絶対にはいらさしてくれなんだ。街のそこら中にあんねんけど、味はどこもほぼ一緒、旨い。この「蘭州ラーメン」にも絶対この魔法の粉は使われてるはず。中国にきたら、ほんま「食うべし!」やな。他のラーメンはあんまり旨くないからやめときや。


当分、何にでもクミンを入れて食い続けてると思います。


以上

| BLOG TOP |

| BLOG TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。